• 国事行為の種類

条文(天皇の任命権)第6条

  1. 天皇は、国会の指名に基づいて、内閣総理大臣を任命する。
  2. 天皇は、内閣の指名に基づいて、最高裁判所の長たる裁判官を任命する。

■内閣総理大臣

国会が指名→天皇が任命

 ▪️国務大臣

内閣総理大臣が任命→天皇が認証

■最高裁判所長官

内閣が指名→天皇が任命

 ▪️その他の裁判官

内閣が任命→天皇が認証

▪️下級裁判官
最高裁判所が指名→内閣が任命

条文(天皇の国事行為)第7条

天皇は内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。

  1. 憲法改正、法律、政令、および条約を公布すること。
  2. 国会を招集すること。
  3. 衆議院を解散すること。
  4. 国会議員の総選挙の施行を公示すること。
  5. 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。
  6. 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。
  7. 栄典を授与すること。
  8. 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。
  9. 外国の大使及び公使を接受すること。
  10. 儀式を行ふこと。

まとめ【国事行為】

  • 任命
  1. 内閣総理大臣
  2. 最高裁判所長官
  • 認証
  1. 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状
  2. 恩赦(内閣が決定)
  3. 批准書及び法律の定めるその他の外交文書
  • 公布
  1. 憲法改正、法律、政令、条約
  • 招集
  1. 国会(常会、臨時会、特別会)※参議院の緊急集会は含まれず